ピルで避妊するならトリキュラーがオススメ

愛し合う男女が自然な流れとして性交渉を行うことで妊娠をする可能性があります。
その行為自体は二人の愛を確かめ合うものとしてすばらしいことではあるのですが、一方で子供ができてしまうこともあります。
結婚をしていたり、将来を誓い合う間柄では喜ばしいことでも、付き合っている段階で妊娠をしてしまうと困惑してしまうカップルも多いものです。
そこで望まない妊娠を防ぐためにも避妊をする必要があります。

避妊方法として一般的であるのが男性主導型の避妊具ですが、最近は欧米の影響を受けるようになったり、国内で認可がされるようになったピルを服用する女性も増えています。
ピルは経口避妊薬で毎日飲むことによって排卵を抑制して妊娠を防ぐことができるホルモン剤が入った錠剤になります。
いくつかの種類の低用量のピルでもおすすめなのがトリキュラーです。

トリキュラーというのは低用量ピルであり、卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン(レボノルゲストレル)の働きによって避妊効果を発揮する錠剤になります。

こちらは3相性ピルというタイプの低用量ピルであり、その成分が女性の自然なホルモンバランスに近い形になるように3段階に変化するようになっています。
女性の生理周期を28日に固定するために赤茶色の錠剤を6日間、次に白い錠剤を5日間、そして黄色い錠剤を10日間服用することで女性ホルモンを体内に取り入れて、最後の7日間は休薬期間として服用を控えたり、ホルモン剤の入っていない偽薬である少し大きめの白い錠剤を7日間服用する形になっています。

ホルモン剤を取り入れることによって子宮内膜が安定するために生理の大量出血が起こりにくかったり、生理周期を安定させることができたりしますし、自然のホルモンバランスに近い形になっているので副作用などもでにくく、体に負担がかからないというメリットもあります。

そのためお薬のシートには以下のように飲み始めの初日から毎日の飲む順番が記された数字が記載されています。

トリキュラーの購入なら通販サイトがオススメ

トリキュラーは女性の体に負担のかかりにくい経口避妊薬として人気があります。
卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン(レボノルゲストレル)のバランスを整えて生理周期を安定させたり、排卵を抑えて高い避妊効果を発揮したりします。
日本においては、産婦人科などの医療機関を受診して処方してもらうことで手に入れることができます。
体質やピルの説明を受けながら出してもらうことで安心して服用することができます。

また日本では医療機関で処方してもらうだけでなく、海外からの通販の個人輸入でも手に入れることができるようになっています。
今はインターネットの専用サイトから選ぶことができるようになっていて、医療機関で処方してもらうよりもずっと安価で注文をしてから手元に届くまで1週間から10日くらいしかかからずに取り寄せることができるので、まとめ買いなどもすることができるようになっています。

トリキュラーの場合では、医療機関で処方してもらうことで1シート1ヶ月あたりで3千円くらいはかかるものですが、これが通販で海外から個人輸入をすることで1シートあたりで千円もしないくらいの安価で手に入れることができるようになります。
さらにまとめ買いをすることで1シートあたりで500~600円くらいの価格で購入することができるようになるので、とてもお得です。

もちろん、体質の問題や薬に関する説明は受けたほうが安心なので、初めての場合にはまずは医療機関で処方してもらって慣れてきたところで通販での購入をすることをおすすめします。
安心、安全なサイトで注文をしていくことで確実な商品を手に入れて使っていくことができるようにしましょう。