ピルは処方箋なしでは薬局で買えません

近頃、日本においては男女関係で妊娠をしないようにするための避妊方法の一つとして経口避妊薬であるピルを服用するという方法をとる人が増えています。
毎日の性生活において、付き合うという間柄でも妊娠をしては困るという女性では妊娠を防ぐことができる手段として優れています。

毎日服用するのが基本であり、ピルを飲むことによってホルモンバランスを整えて排卵を抑制することができるようになっているので、しっかりと飲み続けることによってほとんど100%に近い成功率を誇るくらいになります。

処方されたピルのイメージ21世紀に入ってから間もなく日本において、医療機関を受診することでピルを処方してもらうことができるようになりました。
ですから、産婦人科などを受診してその人の体質に合っているのかどうか、服用する上での注意点などの説明を受けてから飲み始めることができるようになっています。

日本では医療機関で処方してもらうことで出してもらうことができるようになっているのですが、薬局やドラッグストアでは販売をしていません。
ですから身近な店舗などでは購入することができないようになっています。
しかし、日本の法律では海外からの個人的な輸入に限って入手が可能になっているので、専用サイトなどを見て注文、決済、そして配送をしてもらうことができるようになっています。

海外からの個人的に輸入するということでは日本での医療機関の受診や処方箋の提出を省くことができる上に安くピルを手に入れることができます。
ピルといっても避妊目的であるのがメインではあるのですが、それ以外にも生理不順緩和目的である場合もあったり、避妊に失敗した場合の緊急避妊目的の場合もあります。
一度産婦人科などの医療機関を受診して説明を受けて服用を開始してから慣れたところで海外からの個人的な輸入で入手するという方法に切り替えるというのも一つの方法です。

女性が自分の身を守るためにも生理不順緩和目的などのためにも代行業者を通した個人的な輸入で手に入れるというのも法的には認められています。

処方箋なしで薬局で販売している国もある

日本においては避妊目的や生理不順の改善の目的のための低用量ピルや避妊に失敗して妊娠の可能性のある緊急避妊目的のアフターピルなどは薬局やドラッグストアでは購入することができないようになっています。
しかしながら、海外の国では日常的に使用するために気軽に身近な薬局などで処方箋なしで販売されている国もあります。

一例としてアメリカでは緊急避妊目的の経口避妊薬、アフターピルがドラッグストアや薬局などで市販されています。
つまり医療機関の処方箋なしで購入することができるようになっています。
ただ、これは薬剤師の管理下にあるものであり、処方箋は不要ですが、カウンターで説明を受けたりしてから購入することができる医薬品になります。

しかしながら、日本のように性交渉で避妊に失敗をして急いで医療機関を受診して処方してもらうという手順を省略することができるので、もしもの時でもすぐに購入して対処できるようになります。
避妊に失敗したり、レイプなどの望まない性交渉を強いられた時には救いの薬になることは間違いないでしょう。

ただ、処方箋なしで出してもらうには年齢的な制限があります。
アメリカでは今は15歳以上という年齢的な証があるということが条件になっていて、カウンターでなくても手に取ることができるようになっています。
男女の性的な関係として進んでいるアメリカでは望まない妊娠をしないためにも法的な整備がされていて、アフターピルを自分で手に入れて服用できるようになっているというわけです。

アメリカなどと比較しても日本ではそれが認められていないのですが、代行業者による個人的な輸入で手に入れることができますから、事前に注文をして手に入れておくことによって、安心して性生活を送ることができるようになります。