望まない妊娠を避けるにはモーニングアフターピルを

アンウォンテッド72セックスは恋人や夫婦間で行われる愛情確認の行為です。
元々生殖行為ですので、男性が女性器の中で射精をすれば、自ずと妊娠へと至ります。
確実に妊娠するわけではありませんが、安全日と呼ばれる妊娠し難い期間以外に、精子が膣の奥へと入れば少なからず妊娠の確率が発生し、特に若い女性は卵子の活動が非常に活発ですので、たった一度のセックスで妊娠する事も決して珍しくはありません。

男性の多くが紳士的な対応でセックスをしてくれますが、一部には性欲に任せて女性に対して強引な形で迫る人々もいます。
まだ子供を作りたくないと思っているのに、ボーイフレンドや夫が強引に膣内で射精してくる、そんな悩みに困る女性も少なくはありません。

危険日にも関わらず強引にパートナーに精液を膣内に「中出し」されてしまったら、妊娠に至る確率は大です。
望まない妊娠を避けるためには、事後的な避妊対策が必須です。
具体的にはノルレボ錠といったモーニングアフターピルを飲むのがおすすめです。
ノルレボ錠はモーニングアフターピルの中でも有名な製品であり、中出しされてしまったら、72時間以内に正しく服用すれば、ほぼ完ぺきな確率で事後的な避妊が出来ます。

本当に一部の男性ですが、セックスの時、いくら女性が懇願しても、外出しをしてくれず、毎晩のように一時の快楽を求めて中出ししかしてくれない方がいます。
モーニングアフターピルは計画的な人生設計を助けてくれます。
もし万が一、危険日に彼氏や夫に中出しされてしまっても、ノルレボ錠を素早く飲む事で、望まない妊娠は避けられ、学生の間に子持ちになってしまったり、自分のキャリアプランが意図しない妊娠で崩れる事を避けられます。

モーニングアフターピルを飲んだ後は少し普段と違う体調になります。
女性ホルモンの値を意識的に上げる仕組みがあり、その作用によって事後的に避妊を行うため、体調が大きく変わってしまう事もあり、膣からの出血という症状も出て来ます。
これはノルレボ錠の仕組みですので、出血に見舞われた時も冷静に対処しましょう。

レイプされても72時間以内の服用なら間に合う!

日本はとても平和ですが、それでもレイプのリスクは潜んでいます。
大学の飲み会や合コン、ネットのオフ会など、こういった男女共に心が開放的になってしまうシチュエーションでは、女性がつい油断してしまったり、男性の性欲が暴走して、レイプ事件が起きやすいです。

また卑劣なケースでは、複数の男性が共謀して最初から合コンや飲み会の場を悪用して、レイプを目論みます。
お酒などに睡眠薬を入れたり、あるいは執拗にキツイお酒を女性陣に飲ませたりして、眠ったところを男性が集団で一人の女性をレイプする、という非常に凶悪な事件が、近年頻発しています。

レイプされた時はとにかく警察に相談する事が大事です。
それと同時にモーニングアフターピルを72時間以内に飲む事です。
その対策で中絶のリスクは避けられます。
中絶は女性の心と体を傷つけます。
犯人の特定や捜査などは警察に一任するしかありませんが、避妊対策は女性個人でも行えます。

レイプされるような場には行かない事が予防策としては大事ですが、普通の合コンや飲み会の場で、そういった事件が起きる事もあり、事前の回避策には限界もあります。
また以前は低用量ピルを一度にまとめて服用するヤッぺ法がメジャーでしたが、一度に大量の錠剤を飲む必要があり、また避妊率が完璧ではなく、ヤッぺ法よりも効率的で避妊効果が良いモーニングアフターピルが登場した結果、今ではノルレボ錠による対策が主流となっています。

また、お付き合いしている男性や元カレ、そして前の夫など、一度セックスをした経験がある男性につい身体を許した時、半ばレイプ的に中出しされ、望まない妊娠に至る女性も少なくなく、モーニングアフターピルの服用をする事で悲惨な未来を避けられます。