生理痛や生理出血を少なくする食事法を学ぼう!

女性にとって生理は順調な方であれば毎月来るものです。
生理期間中は色々と不快なことも多く、生理痛や出血量が多くて辛いという方もいらっしゃることでしょう。

そこで生理を少しでも軽くするための食事法を行ってみてはいかがでしょうか。

生理期間中はストレスがたまるため、甘いものが食べたくなりますが、精製された白砂糖を使用したケーキやクッキーなどを食べると、身体の血流が滞るため、身体を冷やす原因にもなります。
そのため、生理期間中はなるべく甘いものは我慢した方が良いでしょう。

反対に身体を温める食品を食べると効果的です。
玄米や黒糖など精製されていないものは、身体を温め血流を改善させる効果がありますので、生理痛を緩和させ、出血量を少なくする効果があるでしょう。

玉ねぎやニンニクなどの食品にも血液を循環させてくれる効果がありますので、生理を軽くしてくれる効果を期待することが出来ます。
生理中は、貧血になりやすくなりますので、鉄分を含むレバーやホウレンソウなどを普段より多めに食べるとよいでしょう。
DHCを含む青魚も生理痛をやわらげる働きがあります。

また生理期間中は便秘になりやすいため、食物繊維の多い、イモ類や海藻、きのこや野菜や果物などを摂取されると効果的です。

生理痛は下腹部に痛みが出ることが多いのですが、これはプロスタグランジンという物質が分泌されることにより、子宮が通常よりも収縮することが原因で起こります。
下腹部痛を緩和するには、ビタミンB6とマグネシウムを摂ると良いでしょう。
子宮の収縮を弱くする働きやエストロゲンの代謝を促進するため、下腹部痛をやわらげます。
ビタミンB6は、サバ、まぐろ、さんまなどに含まれており、マグネシウムは大豆やアーモンドに含まれています。
マグネシウム食品を摂る場合は、カップラーメンや肉類の摂り過ぎに気をつけましょう。
マグネシウムの吸収を阻害してしまうからです。
生理期間中の食事はインスタント食品は避け、魚や野菜類を中心とした和食メニューを摂るようにするとよいでしょう。

生姜や白菜、ネギなどの食べ物は身体を温める効果があります。
生姜とネギ、白菜を刻んで味噌汁の具にしたり、大豆を使った豆料理、DHCが豊富なさんまなどの青魚などを頂くとよいでしょう。

生理痛緩和に効く飲み物は何?

生理痛を緩和してくれる食べ物以外にも、飲み物でも痛みを緩和することが出来ます。
仕事で忙しく、外食が多い方の場合や、家で自炊をする機会がない方は、食事を作るのは大変ですので、飲み物で生理痛をやわらげてみてはいかがでしょうか。

大豆製品はホルモンバランスを整えてくれる働きがありますので、料理の場合、一から煮豆などを作るのは大変ですが、豆乳なら気軽に飲むことが出来ます。
最近ではイチゴやフルーツ味の豆乳がスーパーで売られていますので、豆乳が苦手な方はこうした製品を利用されるとよいでしょう。
またココアにも鉄分が含まれていますので豆乳入りのココアを飲めば、ホルモンバランスも整い、貧血対策も出来ることでしょう。

生理中は、砂糖の入ったジュースや缶コーヒーは飲まないようにしましょう。
白砂糖には身体を冷やす作用があり、カフェインも生理期間中は避けたいものです。
カフェインを含む紅茶や日本茶も厳禁です。

生理中は、精神的にイライラすることも多いのではないでしょうか。
そこでリラックス効果のあるハーブティーを飲むと良いでしょう。
身体を温める効果もありますし、主審前にハーブティーを飲めば安眠効果もあります。

生姜を使ったジンジャーティーには身体を温める効果があり、生理痛もやわらげてくれます。
辛味を感じる場合は砂糖は厳禁ですが、蜂蜜で甘味をつけるとよいでしょう。

生理期間中は、身体がむくみやすくなりますので、利尿作用のあるローズヒップを頂きましょう。
ビタミンCが豊富に含まれていますので、お肌にもよい影響があります。
甘い香りが漂いますので、不快な気分もやわらげてくれるでしょう。

リラックス効果のあるカモミールも効果的です。
胃腸の働きを助ける作用もありますので、胃もたれなどにも効果があります。