生理痛を市販の痛み止めで治める!

生理痛を治めるには市販薬の痛み止めを利用するのがおすすめです。
痛み止めを飲むタイミングとしては、できれが痛くなる前に市販薬を飲むようにこころがけると効果を高く感じることが出来ます。
エルペインコーワの特徴としては、下腹部の緊張に対して直接働くので、早くよく効く生理痛専用薬になります。
エルペインコーワは1回1錠で効き目が高く、眠くなる成分が配合されていません。

EVEの特徴としては、イブプロフェン配合なので生理痛や頭痛の痛みの元を抑制して、さらに鎮痛効果を助ける成分であるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合しています。
EVEは小粒なので飲みやすいです。

バファリンルナiの特徴としては、2つの鎮痛成分、イブプロフェンとアセトアミノフェンのダブル処方なので、生理痛と頭痛の両方に効果があります。
バファリンルナiは痛みの中枢と抹消の両方から、痛みを早くブロックすることが出来ます。
イブプロフェンが早く溶ける独自の技術を採用しています。

ナロンエースの特徴としては、イブプロフェンとエテンザミドを配合しているので、痛みの元に伝わって頭痛や生理痛に対して優れた鎮痛効果を発揮します。
ナロンエースはダブル処方なので、イブプロフェンは痛みの発信場所に作用して痛みをブロックし、エテンザミドは痛みの受診場所に作用して中枢に痛みが伝わるのをブロックします。

ロキソニンSの特徴としては、ロキソプロフェンナトリウム水和物が痛みや熱の原因物質をとらえて、優れた鎮痛効果と解熱効果を発揮してくれます。
ロキソニンSは胃への負担の少ないプロドラッグ製剤となっています。

リングルアイビー200の特徴としては、1カプセルにイブプロフェンを200mg配合しているので、1日3カプセルまで服用することが可能です。
リングルアイビー200の有効成分はイブプロフェンなのですが、イブプロフェンが液状のため吸収が良いので飲んでから早く効き目が現れます。
眠くなる成分は入っていません。

サプリメントの力で生理痛を緩和

サプリメントの力で生理痛を緩和したい人は、それぞれの成分の効果と飲み方を理解して服用する必要があります。
まずは生理痛が酷い人は女性ホルモンのバランスが崩れてしまっている場合があるので、女性ホルモンのバランスを整える成分の入ったサプリメントを飲んで生理痛を緩和させていきましょう。
女性ホルモンのバランスと整えてくれる成分は、イソフラボン、カルシウム、ビタミンB、マグネシウム、シナモン、アグニ、ケイヒ、冬虫夏草、チェストツリーなどになります。

生理痛は血行が悪くなっていることによって発症している人もいるので、血行を良くする効果のある成分も摂取することをおすすめします。
血行を良くする効果のある成分は馬プラセンタなどになります。
サプリメントの効果的な飲み方ですが、常温の水(ミネラルウォーターがとくにおすすめ)で飲むことを心がけるようにしましょう。
常温のお水は胃を適度に活発にしてサプリメントの吸収率を高めてくれます。

コーヒーやお茶などでサプリメントを飲むと、カフェインやタンニンがサプリメントの吸収率を下げてしまうことがあるので注意しましょう。
また1日の摂取量が決められているので必ず守るようにしましょう。
早く効果を実感したいからたくさん飲むというのは逆効果なので気をつけましょう。

飲むタイミングとしては市販薬と違ってタイミングは特に決められていないのですが、食後30分以内に服用することをおすすめします。
食後は胃の中で胃液が充分に分泌されている状態なので、胃の中でサプリメントが溶けやすい上に吸収もよくなります。
飲み忘れたときにまとめて2回分飲むなどの行為はやめましょう。
必要以上に摂取すると副作用が起こる可能性もあります。