避妊するならコンドームは鉄則!

コンドームは正しい方法でしっかりと管理、使用すれば避妊方法としてとても高い効果のあるものです。
妊娠を望まない場合は必ずつけるようにしましょう。
避妊しなければどんな場合であろうとお腹に命が宿る可能性があります。

コンドームには表と裏があります。
表と裏を確認し、男性は正しい装着方法を行いましょう。
装着方法がわからない場合はネットや箱にも書かれていますので恥ずかしがらずに確かめることが大切です。
万が一のために、破れていないかも確認するようにしましょう。
方法はコンドームに息を吹きかけて、空気が漏れないようであれば大丈夫です。
コンドームには期限もあります。
ご自身で購入した分に関しては購入の際に箱を確認して期限内に使用するようにしましょう。
ホテルなどに常備してあるコンドームは、期限が切れてしまっているものが置いてあることがありますので注意が必要です。
必ず期限が切れていないか確認して使用しましょう。

着脱のタイミングも大切です。
必ず挿入前に装着し、早め早めを心がけましょう。
着脱のタイミングを間違えると妊娠してしまうことがあります。
コンドームにはサイズもあります。
サイズは大体の方に合うように設計されていると思いますが、合わない場合はそのような人のためのコンドームも販売されていますのでサイズ選びもきちんと行いましょう。

保管方法も注意しなければなりません。
なるべく日の当たらない場所に置いておき、温度は通常の部屋の温度で構いません。
直射日光の当たるところには置かないように注意してください。
保管方法が間違っていると、いざ使用したい時に効果を発揮しきれなかったり破れやすくなってしまいます。

コンドームといえば期限や保管方法などあまり気にせずに持っている方が多いと思いますが、本当にパートナーのことを考えるのであれば少しでもリスクを減らすことができるようにしておきましょう。
望まない妊娠は女性に大きな負担を与えます。
必ず避妊を行い、体も心も大切にしてあげましょう。

コンドームは性病も防ぐことができる

コンドームには避妊だけではなく、性病の予防にも効果があります。
エイズなどの感染症を予防することができるので、性病を予防したい場合はコンドームの装着を早めに行うようにしましょう。
エイズは簡単に治る病気ではなく、生死に関わる病気です。
病気を広めないためにも必ず予防に努めましょう。

今はエイズだけではなく他の性病の患者が年々増えており、若い人の感染も増加傾向にあります。
すぐに治るような病気であればまだ良いですが、内臓や見た目にも症状が現れることがあり、感染した本人もその辛い症状に苦しむことになります。
正しく避妊をしていない人が多くなっているということの表れでもあります。

今はどこでも簡単に購入することができ、対面で購入することが恥ずかしい場合はネットでも購入することができる時代です。
購入時の恥ずかしさよりも、性病にかかってしまった場合の方が恥ずかしい思いをしなければなりません。
パートナーとの関係をより良いものにしたいと考えるのであれば、たかがセックスと考えるのではなく、大切な問題として考えるようにしましょう。

コンドームを使用すると避妊率はグンと上がります。
正しい装着を行い、正しい使用することで100パーセントに近い確率で避妊をすることができます。
必ずしも100パーセントと言い切れることはこの世の中にはありませんから、100パーセントに近い避妊率があるということに大きな意味があります。

妊娠や性病などは人に相談しづらいナイーブな問題であるからこそ、広がりやすい問題です。
隠しながら様々な人とセックスを行ってしまうと、感染者は膨大に増えてしまいます。
コンドームはしっかりと準備しておくようにしましょう。