高用量ピルは現在医療機関でどう処方されている?

ピルは世界中で使用されている避妊薬で、さまざまな種類があります。
基本的に、低用量と中・高用量に区分されています。

高用量は含まれている卵巣ホルモンの成分量が、50マイクログラムを超えるものです。
50μgなら中用量、それ未満になると低用量となります。
高用量は生理痛が酷い時や生理周期の管理、無月経・月経困難症などの用途において病院で処方されます。
近年かなり酷い症状でないと、中用量や低用量が用いられることが多いです。
高用量はホルモン量が多く低用量の約4倍ほどあり、そのため副作用が出やすく人によっては頭痛や吐き気などに悩まされることが多いでしょう。

中・高用量は避妊薬ではなく、以前は国内において避妊薬としてピルは認められていませんでした。
生理トラブルなどの改善薬として、中・高用量が使用されていましたが、これらを転用し避妊薬として仮に使用していたのです。
高用量は卵胞ホルモンと黄体ホルモンを主成分にしており、ホルモンバランスを整える強力な効果があります。

例えば生理周期を改善したり、生理痛を抑制したり、無月経や月経困難症などの改善に効果があります。
副作用としては吐き気や頭痛、下痢や体重増加などがあり、高用量はホルモンの成分量が低・中用量ピルに比べると多いため、その分高い効果があるのですが、副作用も同時に出やすくなります。
もちろん人によって個人差があり、副作用がまったくないという人もいますが、高用量ピルを使用するなら、医療機関で症状などを医師ときちんと相談し、高用量を使わなければいけないのか、中・低用量の処方で良いのか診断してもらうと良いでしょう。

低・中用量と同じく喫煙は血栓症を引き起こすかもしれないので、喫煙者は禁煙することが必要です。
高用量ではソフィアCというピルが有名で、服用方法は生理痛や生理不順などの改善目的や不妊治療などの用途の場合、1日1錠を生理周期である5日目から服用します。
産婦人科医などの医療機関で処方されます。

高用量ピルで有名なソフィアC

ソフィアCは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つの女性ホルモンから出来ている薬です。
ホルモンを補充することによってホルモンバランスを整えたり、月経周期や量の異常、無月経や月経時のさまざまな症状を改善することができます。

ソフィアCの成分には、メストラノール(合成卵胞ホルモン薬)や、ノルエチステロン(合成黄体ホルモン薬)が含まれています。
黄体ホルモン活性が強力で、弱いながら男性ホルモンの作用もあります。

ソフィアCの効能効果は、機能性子宮出血や無月経、月経量異常(過少月経、過多月経)や月経周期異常(稀発月経、多発月経)、月経困難症や卵巣機能不全による不妊症などに効果があります。
生理周期を整えたり、月経困難症や無月経といった月経に関するトラブルの改善にソフィアCがよく使用されます。
生理周期が24日以内で同月に複数回の生理が起こるような頻発月経や、生理周期が39日以上ある稀発月経、月経量の異常の際にも効果的です。
生理周期が安定しないと卵子を育成したり、排卵後の子宮内膜に影響が出てしまい、受精しにくかったり受精卵が育ちにくいといった状況の恐れがあるので、生理周期は常に整えておくことが大切です。

卵巣機能不全が原因による不妊症の場合もソフィアCが処方されます。
ピルは生理初日から服用することによって、排卵を抑える作用がありますが、不妊治療においてピルを服用すると、排卵後に飲むことで黄体ホルモンの分泌を促したり、着床しやすいような環境を作り高温期を維持する作用があります。
そのため妊娠を希望する際にも利用されることがあります。
低用量で生理日を調整する際、生理開始日を変えたい前月や2か月ぐらい前から調整をしますが、中・高用量ピルなら生理開始前後からスタートすることで調整することが可能です。
生理の開始を早めたいのか遅らせたいのかによって、飲み方が異なるので医師に確認すると良いでしょう。