ピルには女性が体内で分泌するホルモンと似た働きをする成分が含まれています。
その為、うまく取り入れることでより女性らしい体つきになったりとメリットもいくつか得られますが、その反面副作用となる面も出てきます。

太った女性人によって多少の差は出てくるものの、ピルは服用を続けることで太りやすくなります。
これはピルのメカニズムが関係していて、ピルに含まれる女性ホルモンと同じ働きをする成分この働きによって体の作りが変化していることが原因となってきます。

決して悪いことばかりというわけではありませんが、ピルを服用する際にはこうした副作用の面をしっかり押さえておくといいでしょう。
正しい知識を身に着けておくことで対処もしやすくなりますし、何よりピルのメリットを最大限に引き出すことが出来ます。

ピル服用前に副作用について知っておこう

ピルのイメージまず、ピルを服用することによっておこる副作用について、最も多く報告されているのはピルの服用後に太るという症状です。
これはピル内に含まれるエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)の成分が原因になっているかもしれません。

これらのホルモン成分は体の中に取り入れることで体質自体を変化させていきます。
詳しいメカニズムに関しては下で説明していきますが、効果が顕著にあらわれると体の中の水分量が極端に増え保水力が高まっていきます。
同時に食欲も増していくため、知らず知らずのうちに食事の量が増え、自然と太りやすい体になっていくわけです。

ピルを飲み始めてから何となく体が重くなってきた気がする、あるいは体重が急激に増えたという人は、このピルに含まれるホルモン成分が原因となっているかもしれません。
ピルを服用したからと言って必ず太るというものではありませんが、体質によってはこうした太るという副作用が顕著にあらわれることになります。

ピルの中でもホルモン成分の含有量の多い中用量ピルだとこの太るという副作用があらわれやすくなります。
これは単純に、ホルモン成分の含有量が多いというだけでなく、中用量ピルの特性にも関係しています。
中用量ピルに含まれる卵胞ホルモンはその量が50マイクログラム以上と決まっています。
他のピルに比べて体への影響が強く、より妊娠中に近い状態に体質を変化させていくことが出来るわけです。

妊娠中に近い体質ということはそれだけ気分的なむらも出やすいということ、中用量ピルには太る以外にも副作用として挙げられる症状があります。
よくあるケースであれば、吐き気や嘔吐、食欲不振、不正出血といった症状です。
先に中用量ピルを服用すると食欲が促進されると説明しましたが、中には逆にホルモンバランスの急激な変化から食欲不振を引き起こす人もいます。

胃腸器官に現れる副作用

胃腸器官に副作用の症状が顕著にあらわれる事もあります。
例えば、便秘や下痢、腹痛など、一見ピルの服用とは関係ないような症状も副作用として報告されています。
ピルを服用してから何かしらの違和感を体に感じるという場合、それが一見ピルの服用とは関係ないように思えてももしかするとどこかで関係している可能性もあります。
それこそ、女性ホルモンはちょっとしたバランスの変化で体調に大きな影響を与えます。
あまり楽観視することなく、症状がひどくなるようであればできるだけ早く医療機関で相談していくようにしましょう。

極端に心配しすぎることはありませんが、用心しておくことに越したことはありません。
特に、中用量ピルの服用時には副作用の症状があらわれやすいため、より一層注意していきましょう。
まずはピルの服用で具体的にどういった副作用の症状があらわれるのか、その点をチェックしていくことです。
大方の情報がチェックできれば、あとは服用中の体調の変化に機敏になること、ちょっとの変化でも見過ごせば後々になって重大な症状を引き起こすこともあります。
変に体に負担をかけることのないように、症状が悪化して自分がつらい思いをすることのないように、副作用についての知識はしっかり身に着けておきましょう。

そして、副作用の症状があまりにもひどい場合には、担当医との相談が必須ではありますが、ピルの服用を一時的に中断するのもおすすめです。
他にもピルの種類を変えるなど方法はありますが、どちらの場合も素人判断はせず、医師の診察を受けて判断していくのがベストです。
体の変化は自分が一番よくわかる点ではありますが、だからと言ってそれを過信しすぎるのはいいことではありません。
最終的な判断は、素人が変に手を出すよりも専門知識をより多く身に着けた、さらには経験も豊富な医師にお願いするのが賢明な判断だといえます。

ピルの副作用で太るメカニズムとは?

そもそも、女性の体の中では排卵に向けて卵胞ホルモン、エストロゲンが多く分泌されるようになります。
このエストロゲンが子宮内膜を厚くしたり、体内に水分をため込んだりする働きを持っていて、より排卵が促されやすい状態を作っていくわけです。
それに対して、排卵後は、このエストロゲンは徐々に減少していき、その代わりに黄体ホルモン、プロゲステロンが多く分泌されるようになります。
このプロゲステロンは身体にたまった水分を保持しようとしたり、食欲を促進させたりする働きがあります。
この二つのホルモンがバランスよく分泌されることによって女性の身体は正常に機能していくわけです。

それに対して、ピルにはこのエストロゲンとプロゲステロンの成分がバランスよく配合されています。
体の外からこのホルモン成分を取り入れることによってホルモンバランスを整えることができるわけですが、その効果が高ければ高いほど、先に挙げたようなホルモン成分の作用が強くあらわれることになります。
食欲旺盛エストロゲンの場合には、体の中に水分をため込もうとし、基礎代謝を下げて代謝自体が落ちていくことになります。
プロゲステロンの場合には、その溜まった水分を体の中にとどめて、さらには食欲を倍増させていきます。
この二つのホルモン成分の働きで体重が重くなったと感じてしまうわけです。

もちろん、食欲促進の作用によって暴飲暴食を続けていれば自然と脂肪は蓄積されますし、体重は重くなっていきます。
食欲のままに食べてしまうのも時に危険な時もある、特にピルを服用している場合にはそのメカニズムを良く理解して対処していく必要があります。

ピルを服用する上でむくみや脂肪との付き合い方にもポイントがあります。
先に挙げたように、ピルのメカニズムの影響で服用中は自然と脂肪は蓄積されやすい状態、吸収されやすい状態にあります。
この期間中は無理なダイエットをするのは危険ですが適度に食事内容を調整するのがおすすめです。
またむくみに関しても、適度なマッサージを加えることで体全体にたまった老廃物、水分を適度に排出していくことが出来ます。

身体の中のむくみはそのまま放置することで老廃物や疲れをため込む危険性がありますし、脂肪に関しても同様です。
放置する期間が長ければ長いほど、それが塊になりセルライトなど燃焼しづらい脂肪の状態になってしまうこともあるため、日ごろからこまめにケアを徹底するようにしましょう。

とはいっても、ピルによる保水力は素人が行うマッサージでは対処できない事も少なくありません。
特に、むくみの症状があらわれやすい脚や顔の場合、いくらマッサージをしてもなかなか効果があらわれないということもあるでしょう。
もちろん、適度な保水力は女性らしいボディラインを作る上で必要な要素ではあるのですが、これも過度になればマイナス点です。

あまりに保水力が強すぎる、それが病的なまでに体に影響を与えているという場合、中用量ピルの種類を変えることで対処できることもあります。
ピルは体質によって合う合わないが出てくるため、体質に合わないものを無理に続ける必要もありません。
寧ろ、体質に合わないと早々に判断を下し、種類を変えることで適度な保水力効果のあるもの、服用してもむくみにくいものと出会うことが出来るかもしれません。

ピルのメカニズムをしっかり理解した上で、その種類を選んでいくことが出来れば、より自分の体質に合ったものを選ぶことが出来ます。
中用量ピルは特に副作用があらわれやすいともいわれていますが、これはあくまでその傾向があるというだけで中には体質によって、あるいはその相性によって副作用が現れにくいケースもあります。
最初から副作用は当たり前だと諦めるのではなく、それを理解したうえで工夫、対処していくことが大切になってきます。

中用量のピルは太りやすい理由とは?

中用量ピルは太りやすい、その理由は先に挙げたように含まれるホルモン成分の量が多いためです。
エストロゲンやプロゲステロンの成分はそれだけでも十分に効果がありますが、二つの組み合わせによってさらに太る作用が高まってしまうこともあります。

とはいえ、先にも挙げたように中用量ピルの副作用がすべて悪いことばかりなのかと言われれば一概にそうとは言い切れません。
もちろん、副作用というだけあって本来の目的とは違う面での作用となるため、人によっては望まぬ結果となることもあります。
とはいえ、太りやすくなるという副作用は言い方を変えれば、より女性らしい体つきになれるということです。

お尻はより丸く魅力的に、腰回りに関してもある程度丸みがあってメリハリがついた方が魅力がアップしていきます。
バストに関しても同様で、太りやすくなるということはそこに脂肪や水分が回りやすくなるということ、つまりはピルを飲むことによって知らず知らずのうちにバストアップの効果まで期待できるようになるということです。
もちろん。
副作用のあらわれ方には個人差がありますし、全部が全部、プラスに働くというわけではないでしょうが、こうした考え方で中用量ピルの副作用をとらえてみるのもおすすめです。

生活習慣を見直してよりよいピルライフ

また、中用量ピルの副作用によってただピルの種類を変える、服用を中断するというのではなくて、これを機会に生活習慣を見直してみるのもおすすめです。
そもそも、ピルによって太りやすい体質にはなっているものの、極端に体重が増えたり脂肪が蓄積されている理由は他にあります。
乱れた食生活や睡眠不足、運動不足など、元々の生活が乱れていることで状態をさらに悪化させていることもあります。
一概に中用量ピルのせいだけにはできない部分もあるわけです。

こうした場合にはまず、食生活を栄養バランスが取れたものに改善していきましょう。
糖質や脂質など太りやすいものはできるだけ避けつつ、カロリーを抑えながら栄養バランスのいい献立を考えていきます。
外食だとこれが難しくなることもあるため、場合によってはできるだけ自炊を心がけるようにしていくといいでしょう。
睡眠は毎日十分に取ること、決まった分だけ眠ることで体の疲れを明日に持ち込むこともなくなります。

また、運動に関しても、無理は禁物ですが自分が出来る範囲で続けられるエクササイズ、トレーニングを取り入れていきます。
例えば、ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動です。
無理なく続けられる要素として、心臓や体への負担が少なく、運動が苦手な人でも始めやすいのが特徴です。
中用量ピルの副作用に悩まされたときにはまず、こうした運動を取り入れて解決方法を模索してみるのもおすすめです。

もちろん、極端に副作用が強い場合、それが日常生活にも支障をきたすほどであれば無理をする必要はありません。
先にも挙げたように、担当医に相談した後、ピルの種類を変えたり服用を中断していきましょう。
ただ、そこまで副作用が強くない場合には生活習慣を改善して乗り切っていくのがベストになってきます。
中用量ピルを服用する前から体調を整えて準備しておくことが出来れば、より効率的です。
もちろん、準備を徹底していてもいざとなってみれば体質が合わず断念することもあるでしょう。
とはいえ、中用量ピルによって得られる効果は高いため、こうした準備もやってみるに越したことはありません。

中用量ピルを服用する際にはまず、副作用についてしっかりと知識を身に着けておくこと、その対処法について正しく知っておくことが大前提となります。
その上で、中用量ピルの副作用とうまく折り合いをつけ、生活習慣の改善につなげることが出来れば、あとはメリットだらけ、心配する要素はなくなっていきます。
中用量ピルを服用する前のポイントとしてしっかり押さえておきましょう。